まとめ買いで節約

GUM14_CL01152.jpg食材の値段は日々変動してくるものもあります。
食材が特別安く売られることもありますので、その日にまとめて買っておけば節約が捗ります。
しかしながら、食材も長く置いておけば傷んできてしまいますので、あまり多くまとめ買いしますと、逆に損をしてしまいます。
そのため、食材のまとめ買いは少し工夫が必要であり、節約術としては難しい部類に入ってきます。
ある程度最初は小分けで買う方法で節約し、節約に慣れてきた段階で始めるとよろしいでしょう。
こちらでは、まとめ買いの節約を始める際に気をつけてほしいことについて紹介していきます。

・無駄に買いすぎない
先ほども述べましたように、無駄に買いすぎますと食材が傷んでしまい、無駄遣いになってしまいます。
特に、野菜は痛むのが早く、そして余らせてしまいがちな食材です。
確かに野菜は年々高くなっている傾向がありますし、出来れば安全な国産の野菜を使いたいので安売りしている時にはまとめ買いしたくなります。
しかしながら、大量に買っても使い道がないという時もあり、無駄遣いしがちなものでもあります。
無駄に買いすぎないことを心がけて、まとめ買いを上手に行いましょう。

・保存方法に気をつけて購入する
食材にも冷蔵保存しなければならないものもあれば、常温でも保存できるものもあります。
冷蔵庫のスペースは限られているため、なるべく常温保存できるもののほうがまとめ買いには適しているといえるでしょう。
常温保存できるものの中には、長期的に保存がきく食材もありますので、そういったものは積極的にまとめ買いしましょう。

・冷凍保存を活用する
やはり、まとめ買いしたものは冷凍保存しておくのがよろしいでしょう。
特に肉類は冷凍保存に適していますので、パックなどに小分けして保存しておきましょう。
冷凍保存していても、食するのに適した期間というものがある点には気をつけておきましょう。

ある程度節約に慣れてきましたら、上記のようなポイントに気をつけて食材を保存しておきましょう。

更新日: