食材の正しい保存方法

GUM03_PH05173.jpg食材もそれぞれに保存方法がありまして、適した保存方法で保存することで長持ちします。逆に適していない保存方法ですと傷みやすく節約するうえでも障害となってきます。


また、傷みやすくなるだけでなく味も劣化したり、本当に傷んでしまって食中毒などを引き起こす危険性もあります。以上のように、食材を正しく保存しないと色々と不利益が生じます。節約のためにも、食材の正しい保存方法についてはきっちりと理解しておきましょう。

例えば、肉や魚はなるべく早く冷蔵保存しなければならない食材です。
特に夏にそのまま放置しておけばどんどん傷んでしまい、使い物にならなくなってきます。
また、食中毒菌の温床となってしまい、家族の皆様の健康を損なう可能性もあります。
なるべく早く冷蔵保存して新鮮さを保ちましょう。

パックなどにわけて保存する際には、汚れた手などでふれないようにしなければなりません。
手に付いた金が生肉などに直接付着していますと、冷蔵保存しても意味がありません。
保存する際にも気をつけて保存するようにこころがけましょう。

冷凍保存なら痛むことはないといって、長期間冷凍保存している方もいらっしゃいます。
しかしながら、長期間の保存でも痛まないと思っていても、劣化はするのです。
味も落ちますし、身体に害を出さないとも限りませんので、あまり長いこと放置しているものは整理しましょう。

以上のような点を守って、食材をなるべく長く新鮮さを保たせて保存していきましょう

更新日: